読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK NEWS WEB:人手不足に備え 小型ロボットの開発相次ぐ

〈記事リンク〉

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160626/k10010572311000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013
NHK NEWS WEB:人手不足に備え 小型ロボットの開発相次ぐ)

〈要約〉

人手不足が課題となるなか、ロボットの導入がこれまで進んでいなかった業種や中小企業向けに、人と一緒に作業ができる小型ロボットを開発し、販路開拓を目指す動きが相次いでいる。業界団体によると、産業ロボットは、食品や化粧品などの業種や中小企業では、比較的、導入が進んでいなかったということだが、人と一緒に作業ができる小型ロボットは、安全柵の設置といったコストもかからないこともあり、今後、幅広い分野での開発がさらに進むことになりそうだ。

〈疑問〉

様々な事が機械化・自動化されていく中で人間は今後何をすればいいのだろうか。

〈考え・主張〉

機械がさまざまな分野で導入していく中で、唯一人間が優っている点は機械では到底再現できない、手先の器用さを要する細かい作業である。そのため、伝統工芸などの職人の仕事などの存在価値や重要性が今後、注目されると考える。そのほかの職業についても、早い段階で自分にしか出来ないことや、自分の強みを見つけ出来ることは、即実行していくことが重要である。

〈その他〉

特になし。