読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日新聞デジタル:AIが経営コンサルに? 文書分析し意見、売り上げ予測

〈記事リンク〉

http://www.asahi.com/articles/ASJ6F51K4J6FULFA01T.html
朝日新聞デジタル:AIが経営コンサルに? 文書分析し意見、売り上げ予測

〈要約〉

人工知能(AI)で企業の経営を支援しようという取り組みが進んでいる。日立製作所は、設備投資など企業の経営判断を支援し、NECは需要がかわる商品の仕入れの数などを予測する。日立製作所が開発中の経営判断を支援するAIは、企業の経営課題について賛成、反対の両方の立場の理由を示せる。最終的な経営判断まではしないが、「バイアスがかかることなく賛否両論の立場から根拠を示せる」のが特徴だ。

〈疑問〉

AI化が進む中で、今後、消えていく仕事が多すぎるのではないか。

〈考え・主張〉

あらゆる職業が次々とAIに切り替わり、従来の職業が無くなるということが危惧されている。AIは人間と比べて、感情を持たず、膨大なデータに基づいて効率的に仕事が行われるため、かなり仕事が最適化される。そのため、これからは人間の労働時間が遥かに短くなり、人々の生活レベルの差がほとんど無くなる事が予想できる。こういった時代の中で、成功者になるためにはAIを使いこなす立場になることであろう。そうなれる為にも今のうちから、コンピュータ技術をつけるべきであると考える。

〈その他〉

特になし。