読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK NewsWeb:自動運転タクシー 2020年までに実用化へ

〈記事リンク〉

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160520/k10010527761000.html?utm_int=news-business_contents_list-items_087
NHK NewsWeb:自動運転タクシー 2020年までに実用化へ

〈要約〉

政府は自動運転の技術を使ったタクシーなどの乗客を運ぶサービスについて、万が一、事故が起きた場合には事業者がすべての責任を負うことなどを条件に、2020年までに実用化を認めることを決めた。世界中で開発競争が進む自動運転を巡っては、大手自動車メーカーだけでなく、IT企業なども無人のタクシーやバスなどの実用化を目指しています。
こうした自動運転技術を使った乗客を運ぶサービスについて、政府は一定の条件を満たせば、東京オリンピックパラリンピックが開かれる2020年までに実用化を認めることになりました。具体的には、事故が起きた場合は事業者側がすべての責任を負うことに加え、運転席に人が乗らない代わりに遠隔で車両を監視して、問題が起きたときには走行を止めることができるシステムなどを導入して、安全面の確保を図る。政府は今後、道路交通法を改正するなど必要な対策の検討を急ぐとともに、国家戦略特区に指定された地域の公道などで、サービスの導入を目指す事業者による実証実験を進めるとした。

〈疑問〉

開発されている新しい技術やシステムについて、日本も積極的に取り入れるべきではないだろうか。

〈考え・主張〉

近年、様々な分野で新しいシステムが開発されている。その一つが自動車の自動運転システムである。アメリカでは既に公道での走行実験がなされているが、日本は法整備なども遅れている。自動運転が実用化されれば、人の移動手段が大きく変わるだけなく、運転する必要がなくなるため、移動中の時間の使い方が格段に生産性をもつようになると考えられる。日本でも東京五輪の開催をきっかけに、新しい技術の実用化を積極的に進めるべきである。

〈その他〉

特になし。